世界が認める名車種の歴史と魅力

トヨタ86とスバルBRZについて

トヨタ86とスバルBRZは走りにこだわりがある方に注目されている車種です。
このふたつの車はトヨタとスバルの提携関係を活かそうというアイデアから生まれた車で、トヨタが企画し、スバルが生産しています。
それで両車は基本的には同じつくりになっているわけですが、エクステリアの一部が違うのでその点が選択肢になってくるでしょう。
インテリアの違いですが、トヨタ86のほうがレッド内装やホワイトパネルのメーターが選べるという点でメリットは大きいといえるでしょう。
またシートなどにしても最上級の「GTLimited」では本革とアルカンターラ、「GT」ではトリコットの(上級タイプA)と織物とトリコット(上級タイプB)のファブリック、「G」と「RC」ではトリコットのファブリック(標準タイプ)になっておりファンも多いようです。
さらに外見に関しても違いがあり、フロントバンパーの形状において差があります。
BRZは上部が広くなっており、86は下が広くなっています。
他にはヘッドランプ、フェンダー後方のガーニッシュ、ホイールのセンターキャップなども違いがあります。
カラーリングに関しても「オレンジメタリック」は86の専用色となります。
このような外見の部分以外ではサスペンションチューニングなど走りに関係する点も変化があります。
具体的にいえば86はフロントが柔らかめ、リアが固めに設計されておりドライビングの自由度が高くなっています。
BRZのサスペンションチューニングは応答性はシャープで、操舵に対する反応が一定になっており、スバルらしさが全面に出されているチューニングになっています。
しかし走りにおいて基本になるのがエンジン、トランスミッションですが、これらはふたつの車種に共通しています。
吸気サウンドを車内に導入する「サウンドクリエイター」、新世代の直噴ボクサーエンジンが注目されており、リッターあたり100馬力を達成していますので、走りに関してはかなり楽しめるでしょう。
6速MTと6速ATが用意されていますが、MTはもちろんのこととして、ATもダイレクト感があり、スポーツカーとして十分な走りを見せてくれます。
このように見てみますとそこまで違いがないように思えるかもしれませんが、実際に走ってみますとトヨタらしさやスバルらしさが良くでているといえるでしょう。
両車ともディーラーに比較的豊富に試乗車が用意されている場合も多くなっていますので、実際に乗り比べてみるというのは良い方法でしょう。
この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加