世界が認める名車種の歴史と魅力

ミニバンの人気オプション

最大8人が一台で移動できたり、開放感があり広々した室内が特徴になっているのがミニバンの魅力になっています。
さまざまなオプション装備がありますが、人気になっているのはどのようなオプション装備なのでしょうか。
まず挙げられるのがリアモニターです。
地デジやDVDを鑑賞できるというのはもちろんですが、ゲーム機などを接続することもできますので、長時間のドライブなども問題になりません。
天井から吊り下げるタイプが主流になっているので、市販で売られているものをただ取り付けるよりも見た目がすっきりしており便利だといえるでしょう。
ミニバンという車種でこのような装備が人気になっている理由としては、ミニバンを乗られる方には小さなお子様がいる場合が多く、長距離ドライブなどで子供が退屈してしまうのが問題になることが多いからです。
さらにミニバンのオプションで人気になっているのがアラウンドビューモニターでしょう。
これは日産自動車から出されたものですが、車両の前後左右に装着した4つのカメラ映像を合成し、インパネのモニターに映してくれます。
これまであったバックモニターなどはただ後ろの様子を映すだけでしたが、このアラウンドビューモニターであれば上空なら眺めたような映像が見られますので、より確実に駐車することができるようになっています。
トップビュー画面を右側に、後方画像のリヤビューや車両左前画像のサイドブラインドビューを左側に映すことも可能ですので、駐車が苦手な主婦でも人気でしょう。
このようなオプションが人気になっている理由としては、多くの場合平日はミニバンを運転するのが主婦だからであるという点が挙げられるでしょう。
普通の自動車よりも大きなミニバンは駐車や狭い道などの通行が難しい場合も多く、このサイドブラインドビューは重宝されています。
さらに人気のオプションとしてはミニバンのウェルキャブというものもあります。
これは助手席の昇降機能がついていたり、セカンドシートが昇降したりするものですが、高齢者や妊婦などがいる場合には助かると好評です。
しかしこれらのオプションは高いのではないかと心配になる方も少なくないでしょう。
多くのメーカーや車種からこの手のオプションは出ているわけですが、トヨタ・アルファードのサイドリフトアップシート装着車はわずか8万6000円から用意されており、決して高すぎる金額ではないといえるでしょう。
ミニバンの購入を考えているならこのようなオプションも参考にできるかもしれません。
この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加