世界が認める名車種の歴史と魅力

プラドの魅力

SUVの王者といわれるのが「トヨタ・ランドクルーザー・プラド」です。
トヨタ・ランドクルーザー200系に比べると、20cmほど短く、1トン近く軽いので日本においてはとりまわりもしやすく人気を呼んでいます。
またこの車種で特徴的だともいえるのが電子制御のネットワークでしょう。
まずは「クロールコントロール」というもので、パワーが必要な瞬間は自動的にエンジンが吹ける仕組みになっています。
マルチテレインセレクトという画面から当てはまる路面を選ぶだけで、ペダル類に触れることなく自動的に快適な設定を選んでくれます。
13万6500円のオプションになってはいるものの、山地や雪道などを走る機会が多いなら付けておいたほうが良いかもしれません。
さらにクロールコントロールにはダウンヒルアシスト機能も備わっていますので、傾斜角や路面状況に応じて5段階で四輪を制御することができます。
サスペンションに関してはキネティックダイナミックサスペンションシステムというものが採用されていますので、大きくストロークする時だけスタビライザーを無効にでき、この精度も改良が加わっています。
卓越した踏破性能と同時に注目できるのが、室内の静かさです。
大きな突起に乗り上げる瞬間のショックなどもありませんし、実に快適に車を操ることが可能です。
しかし多くの方にとってオフロードというのは非現実的な場所かもしれません。
トヨタ・ランドクルーザー・プラドはオンロードでも十分その走行性能を発揮することが可能です。
セパレートフレーム付きだというのがそのポイントになっていますが、そのおかげでオールシーズン用のタイヤでも路面からのノイズや振動もありません。
2列仕様もありますが、3列化されたシートがメインになっていますので、ワゴンとして十分に使うことができるようになっています。
しかも3列目を床下に平らに収納できるようになっていますので、大きな荷物やたくさんの荷物を収納することができるようになっています。
そもそもこのプラドは「いつでもどこへでも行ける安心感と快適性」というキャッチフレーズになっていますが、たしかにその文句通りの造りになっているといえるでしょう。
この手の4WDは海外からも開発されたり販売されていますが、プラドほどの完成度があるものはないともいわれています。
オフロード愛好家や評論家からも高く評価されています。
クロカンなどの購入などを考えているならプラドも良い選択肢になるでしょう。
この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加