世界が認める名車種の歴史と魅力

注目のアクア

ハイブリッドカーはプリウスの人気で確立されてきましたが、ほかに注目されている車種としてアクアが今注目されています。
アクアは1,500ccエンジンをベースに高機能なハイブリッドシステムを採用しているのが注目されていますが、コストパフォーマンスも優れており、わずか179万円で人気のSグレードを手にすることができます。
それに対して注目されているのがプリウスですが、Sグレードの価格が232万円と高めに設定されています。
どちらも人気のハイブリッドカーになっているわけですが、アクアの場合、約1か月間で12,000台に設定されていた月販目標台数の10倍にあたる約120,000台の受注があったことから分かるようにかなりの人気になっています。
受注数は軽自動車を含む新車販売台数において第1位になっており、プリウスの人気を凌ぐほどになっています。
では車の心臓部分ともいえるエンジン部分はどうなっているのでしょうか。
アクアのエンジンはアトキンソンサイクルを採用した1.5Lの1NZ-FXE型になっており、基本的にはプリウスと同じものが採用されています。
しかしシステム全体ではプリウスより42kg軽量化され、全体の小型化、軽量化につながっています。
しかしそれらエンジン部分の配置なども工夫されており、コンパクトながらも広い車内を実現させています。
このアクアには「L」、「S」、「G」の3グレードが用意され、それぞれオプションや燃費の点で差があります。
ベースグレードとなっているのがLですが、軽量化を優先した超低燃費仕様になっており、最大では40.0km/Lを記録しています。
しかしメーカーオプションがほとんど装着できませんので、おもに商用車として活用されるタイプだといえるでしょう。
それに対して大衆モデルになるのがSです。
基本的なオプションがすべて標準装備されていますので、まずは問題ないでしょう。
ちなみに内装色は、クール・ブルーかフレッシュ・グリーンを選べるようになっています。
そしてアクアの最上級グレードモデルになるのがGです。
シフトノブ・パーキング・ブレーキボタン、センターレジスターノブ、サイドレジスターなど標準モデルよりも一ランク上のオプション装備になっています。
10色のカラーがある点も人気になっており、オリジナリティを演出することが可能です。
これまでプリウスは少し大きいと感じていたり、高いと感じていた方に丁度よいとされているのがこのアクアです。
今後トヨタの新しい人気ハイブリッド車として今後期待されています。

話題の車種をチェックしよう!!

この記事をシェア、ブックマークする
このエントリーをはてなブックマークに追加